×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レストランでの注文上級編

とりあえず、一般的(いっぱんてき)な注文(ちゅうもん)の仕方(しかた)をマスターしたら、さらにもう一歩(いっぽ)、上(うえ)をいく注文(ちゅうもん)方法(ほうほう)を勉強(べんきょう)しましょう。自分(じぶん)の個人的(こじんてき)な要求(ようきゅう)をいかにスマートに、相手(あいて)に失礼(しつれい)なく、かつ正確(せいかく)に伝える(つたえる)か、が大切(たいせつ)です。旅行中(りょこうちゅう)は、どうしても食べ(たべ)過ぎ(すぎ)てしまったり、普段(ふだん)食べなれ(たべなれ)ないものを食べ(たべ)ておなかの調子(ちょうし)をこわしたり・・・といったこともあります。ダイエット中(ちゅう)の人(ひと)、アレルギーがある人(あるひと)などは、あらかじめ伝える(つたえる)べき言葉(ことば)を勉強(べんきょう)していき、当地(とうち)で実際(じっさい)に使っ(つかっ)てみると良い(よい)でしょう。日本(にっぽん)は何かと(なにかと)「定食(ていしょく)」、あるいは「おまかせ」になりがちですが、西欧(せいおう)諸国(しょこく)ではそれは通用(つうよう)しません。ドレッシングから、お肉(おにく)の焼き(やき)具合(ぐあい)、メインの付け合せ(つけあわせ)まで・・・きちんとお客(おきゃく)の要望(ようぼう)を聞い(きい)てくれます。逐一(ちくいち)、注文(ちゅうもん)しては迷惑(めいわく)かな・・・と遠慮(えんりょ)する必要(ひつよう)はありません。ダメならダメ、と言っ(といっ)てくれますから、どんどん要望(ようぼう)を伝え(つたえ)てみましょう。それが英会話(えいかいわ)のすばらしい勉強法(べんきょうほう)にもなります。ダイエットしている人(ひと)、病気(びょうき)などでカロリー制限(せいげん)されている人(ひと)、塩分(えんぶん)を控え(ひかえ)ている人(ひと)、その旨(そのむね)を伝え(つたえ)、脂肪(しぼう)や塩分(えんぶん)控えめ(ひかえめ)の料理(りょうり)を出し(だし)てもらえるようお願い(おねがい)しましょう。●I’m on a diet. I have to avoid high-fat food.   ・・・私(わたし)はダイエット中(ちゅう)です。脂肪(しぼう)の多い(おおい)ものは避け(さけ)なくてはなりません。●Do you have any low-fat dishes?  何か(なにか)脂肪(しぼう)の少ない(すくない)料理(りょうり)はありますか?*「塩分(えんぶん)控えめ(ひかえめ)の料理(りょうり)」・・・low-salt dishesちなみに、ベジタリアンの人は(ひとは)?●Do you have any vegetarian dishes? ・・・ベジタリアン料理(りょうり)はありますか?

英会話 勉強法

とりあえず、一般的な注文の仕方をマスターしたら、さらにもう一歩、上をいく注文方法を勉強しましょう。自分の個人的な要求をいかにスマートに、相手に失礼なく、かつ正確に伝えるか、が大切です。

英会話 勉強法